CINEPO.comスタッフ日記 > おすすめっ! > 曽根中生監督に捧ぐ

曽根中生監督に捧ぐ

 朝晩はすっかり秋らしくなってきましたね。
 こんにちわ。丁稚の定吉です。

 みなさんよくご存知のように、8月26日に曽根中生監督が亡くなられました。享年76歳の生涯です。

 曽根監督といえば、日活の生え抜き監督で、やはりロマンポルノの秀作が印象的ですが、ご本人は何作かの一般映画の成功を得て、やはりロマンポルノのフィールドからもっと大きなマーケットでの活躍を狙ってらしたんだと思います。というか、ロマンポルノ晩年には、興行的な不振からロマンXシリーズやギャラや製作費の安い若手の登用などで、曽根監督の居場所がなかったのも歴然たる事実ではあるんですが…。
 その結果が、一般映画製作プロダクションのフィルムワーカーズの設立、そして製作した映画の興行的失敗などが重なり、多額の負債を背負い、そして失踪というかたちになってしまったのはあまりにも有名な話です。
 日活も同じような時期にロマンポルノを終焉させ、一般映画に再チャレンジし、大失敗となり、やがて倒産となったわけですから、ある意味、曽根監督というのはまさに日活と運命を共にした、日活そのもののような方だったと言わざるを得ません。
 ご本人は、自分のそういった境遇をどう思ってらしたんでしょうね…。

 でも、ロマンポルノの中ではだけでなく、日本映画史の中のロマンポルノの傑作として曽根監督の作品は今後もずっと上映されるでしょうし、語り続けられていくと思います。

 ちょっと珍しい写真をご紹介しましょう。
 これは『嗚呼!!花の応援団 役者やのォー』の撮影中の一コマです。

曽根中生監督

 曽根監督が、出演者の井上治之さんと宮井えりなさんに演技指導をしているところを撮った、日活のプロモーションスチールです。もちろん、中央のサングラスの方が曽根監督ですね。場所はおそらく、大阪の道頓堀です。
 1976年頃、監督、絶頂期のときですね…。

 曽根中生監督、ありがとうございました。おそらくわたしは、これからも監督の作品を何度も見るだろうと思います。
 人生のクランクアップ、お疲れ様でした!


 追記
 この珍しい『嗚呼!!花の応援団 役者やのォー』のプロモーションスチールは、【CINEPO.com】で販売いたしております。本当に貴重なものですので、興味がある方はぜひお早めに!
関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


お得な映画グッズ通販サイト【CINEPO.com】

プロフィール

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード