CINEPO.comスタッフ日記 > その他の映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

南木顕生 遺稿集

 2014年4月4日、脚本家・南木顕生がこの世を去った。享年49歳。
 生前、何作か仕事をしたことのあるぼくは、その訃報を知ったとき、衝撃を受けた。その若さゆえにだ。が、その死因を聞いて、どこか納得もした。あの酒の飲み方、そして四六時中煙草をふかしている彼の姿から、急性大動脈解離という病名に違和感を感じなかったからだ。かなり短かったけど、それも彼の、南木顕生という映画屋さんの生き方なんだよなと思うことにした。
 そしてその夜、ぼくは一人で深酒をした。
 
 南木顕生が去って、3年。オムロさんから「南木顕生 遺稿集」という素晴らしい本が今年、出版された。
 彼が残した数十本のシナリオの中から、4作品が収録され、その他に彼が書きためていた映画日記やら批評文をまとめた、367ページにもなる大著だ。

南木顕生 遺稿集

 映画日記やら批評文が、むちゃくちゃに面白い。特に、ロマンポルノ各作品に対しての、彼の観察眼には敬服する。心から映画が好きで好きでたまらない人だったんだなというのが、ひしひしと伝わってきた。ロマンポルノが好きな方、あるいは研究をするような方にとっては、今後は本書は必読の書になるかもしれない。
 興味のある方はぜひ、買って、ご一読いただきたい。
 定価は3,200円+税。

 ぼく自身が関わった彼との仕事のひとつに、彼の脚本作で、大木裕之監督作品『たまあそび』がある。 その中で、ロケ現場に行って、宿で酒を飲みながら煙草をふかし、甲高い声で何か叫んでいる彼の姿が一瞬登場する。フィクションなのかドキュメンタリーなのか分からない撮り方をする大木作品ならではのシーンだからなのだが、これが南木顕生がスクリーンに映し出される唯一の作品ではないだろうか。
 今後『たまあそび』を見る機会がある方、ぜひ南木さんを探してみて下さい。

                                      プロデューサー S・K

2012年度映画マイ・ベスト10!

皆様、新年明けましておめでとうございます。
昨年の【CINEPO.com】へのご愛顧、心からお礼申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


ということで、新年のご挨拶は、丁稚の定吉でした。

ところで皆さん、このお正月休み、映画をご覧になりましたか?
今年の正月映画は『ワンピース』と『レ・ミゼラブル』が大ヒットとのこと。お正月に映画館が満員になるというのは、なにはともあれいい光景ですね。

で、ですね、ここで、ぼくが去年見た一般映画の中から、あくまでもボクの個人的嗜好で、マイ・ベスト10を選んでみましたので、発表しちゃいます。
これは、あくまでもぼくが映画館のスクリーンで見た作品のみで選んだものですので、公開を見逃したあとビデオで見たものなどは除外しています。また、見た本数が限られていますので、世間的に評価が高くっても、ぼくが見なかったものは当然含まれていません。
あくまでも、お遊び、ということで。

では、発表です!

1位 007 スカイフォール
2位 アーティスト
3位 あの日あの時愛の記憶
4位 ポテチ
5位 キツツキと雨
6位 ロック・オブ・エイジス
7位 おおかみこともの雨と雪
8位 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
9位 The Lady アウンサン・スーチー 引き裂かれた愛
10位 高地戦

おそまつでございました m(__)m


では、皆様、【CINEPO.com】でのショッピング、お待ちしております。

「百恵・友和」初体験

 先日、TSUTAYAさんのキャンペーンに当たって、レンタル無料券をゲットした。
 無料なんだから、普段お金を払ってまでは絶対見ないものにチャレンジしてみようと決め、お店で悩んだ末、山口百恵さんと三浦友和さんの主演作って、そういえば一度も見たことがないなと思い、『春琴抄』を手に取った。何故『春琴抄』かといえば、谷崎潤一郎のSM的なエロスが漂うこの原作が好き、ただそれだけである。
 「百恵・友和」全盛期は、映画にテレビにCMに雑誌媒体にと、確かに二人の話題は凄かったが、それだけにアンチメジャー指向の若者からは徹底的に毛嫌いもされていた。アングラ文化なる言葉もあった、そういう時代だったのだ。

 で、見てみたら…。

 意外と言ったら失礼だが、ものすごくしっかり作ってあるのに驚いた。百恵ちゃんさえ写っていれば何でもいいや、という映画ではなかった。
 西河克己監督って、日活時代は吉永小百合さんの主演作を連発し、フリー後も百恵・友和をはじめとして、数多くのアイドル主演映画を撮っている、プログラムピクチャーの巨匠というイメージだったが、この重厚な作りには、押し付けられ仕事の中にも活動屋の魂を刷り込むプライドのようなものを感じた。いい意味での日本映画の伝統が見事に息づいている作品だった。やはり、見ず嫌いはダメだなと、つくづく思い知らされたのだ。
 ただ、原作の持つエロス感というのは微塵もない。一箇所、三浦友和さん演じる佐助が、山口百恵さん演じる春琴の足を丁寧に拭くシーンがあったが、まったくエロくない。ま、百恵ちゃんはこのとき未成年なんだから、これ以上はどうしようもないか。

 もしまた、無料券が当たったなら、別の「百恵・友和」作品も見てみようかな。
 悪気はないが、お金を払ってまでの食指は、やはり湧かない。

      Written by やまなつ

お得な映画グッズ通販サイト【CINEPO.com】

プロフィール

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。