CINEPO.comスタッフ日記 > おすすめっ!

『はみ出しスクール水着』 スポーツポルノ映画特集2

 紅葉が色づき始めてきました。
 昼間はまだ結構暖かいんですが、朝晩は冷え込みます。そのせいか、早くもインフルエンザが流行しだしたとか。どうか皆様、対策は早め早めに。
 こんにちわ、丁稚の定吉です。

 続きまして、スポーツポルノ映画のご紹介の2回目。今回は、『はみ出しスクール水着』です。
 例によって、わたしたちが運営しております、成人映画を中心とした映画グッズ通販ショップ【CINEPO.com】から、この作品の解説文を引用します。

「滝田洋二郎監督と清里めぐみさんがこの作品で出会って、後に結婚することになるという、今や記念碑的な作品。高校のシンクロナイズドスイミング部を舞台に、超エリート選手と、清里めぐみ演じる風呂屋の娘の劣等選手が、アジア大会予選会出場資格になる校内代表の座を争う、学園スポ根コメディー作品。まさに現在のスク水ブームの先駆けで、スク水越しの清里めぐみの巨乳が眩しい!」

 今はもう、シンクロナイズドスイミングとは言わないそうですね。2017年からは、アーティスティックスイミングと言うそうです。つまり、東京オリンピックではアーティスティックスイミングとして競技されるということなんですね。
 この競技も前回ご紹介した新体操と同じく、1984年のロサンゼルスオリンピックから正式採用されたもので、この映画が製作された1986年にはまだ物珍しさと、若い女性が水着姿でガバッと足を空中でおっぴろげる妙なエロさで、きっと注目されていたのでしょう。そういう時勢を巧みに取り上げるのは、ロマンポルノはほんとに上手かった。

 ということで、清里めぐみさんの眩しい巨乳のスク水姿をご覧いただきましょうか!

はみ出しスクール水着

 今は滝田監督が独り占めしちゃっている巨乳ですね(笑)。

 このスチール写真も、もう【CINEPO.com】では売り切れです。ポスターは在庫がございますので、気に入った方はどうかお早めに。ポスターでは清里めぐみさんの巨乳の谷間が、もっとバッチリです!

 では、次へと続く・・・。

『女体育教師 跳んで開いて』 スポーツポルノ映画特集1

 秋が深まってきて、今日はサンマ、明日は秋鮭、明後日は栗ご飯と、毎日が楽しい丁稚の定吉です。
 皆さんは、何食べてます?

 さて、いよいよ東京オリンピックまで2年を切っちゃいました。
 楽しみな気持ちの反面、最近ずっと続いているスポーツ界のゴタゴタを見ていると、純粋に楽しもうという気が失せかねない状態でもあります。
 大丈夫か、ほんまに…。
 パワハラ、セクハラ、絶対服従、暴力、利権…。な~んか、おっさん、おばはんらの論理だけで動いている組織やったんやなと、失望感が渦巻いてしまいます。銭と力かい、スポーツ界というのは…。

 でも、やっぱりそんな中でも、東京オリンピックを目指して頑張っている選手たちはいます。彼ら彼女らに、心からエールを送りたいと思いますよね。

 で、日活ロマンポルノの中にも、そんなスポーツ界を題材にした作品があります。
 東京オリンピック成功祈願ということで、これからそれらの作品を続いて紹介していきたいと思います。

 第1回目は、『女体育教師 跳んで開いて』。
 1981年の製作で、監督は小原宏裕。主演は朝比奈順子、中川みず穂です。
 【CINEPO.com】からの引用で、ちょっと作品をご紹介!


「化粧品会社の女子体操部が、同じ化粧品ライバル会社に対抗するために、新体操部に強制的に変更されてしまった。エースだった女は戸惑うばかり。そのうえ、新任のコーチとして赴任してきたのは元カレの男。かつて試合の前日にその男とSEXをして、それが原因で負けたというトラウマがある。チームメイトたちは今注目の新体操に衣替えしたこと、新任コーチがイイ男で股間のもっこりが大きいことに歓喜して、早速誘惑を始めたりしている。エースの女は複雑な心境のまま、信州への強化合宿に出発するが…。
1984年のロサンゼルスオリンピックで正式の競技種目に採用されて、世間から一躍注目を集めた当時の新体操競技を題材にし
たスポ根ラブコメ。
「女体育教師シリーズ」第2弾と日活は銘打ってはいるが、実際は女体育教師は出てこず、教師(コーチ)は男だ。ポスターなどを見ていると、朝比奈順子がタイトル通りの女体育教師を演じているのかと思ってしまうが、彼女が演じるのはエース選手の方。タイトルと中身が一致しないのは、ピンク映画などではよくあるが、ロマンポルノでは珍しい。」


女体育教師 跳んで開いて
 

 笑えますね、全裸で新体操のリボン競技 w
 ロマンポルノのスポーツものは、ま、こういうバカバカしさが売りなんで、コメディー作品が多いです。
 このスチール写真、もう【CINEPO.com】では売り切れです。ポスターは在庫がございますので、気に入った方はどうかお早めに。

 では、次へと続く・・・。

夏木陽介さんに捧ぐ

 ものすごい寒さの冬になってますね。雪、半端じゃないとこもあるみたいで…。
 皆さんのお住いのところはいかがですか? どうかくれぐれもお気を付け下さい。
 その上、インフルエンザも猛威を振るっているようで、いやはや面倒な冬ですね、今年は。わたしは今のところ風邪もひいてないようで、アホは風邪ひかないを地でいってる、丁稚の定吉です。
 こんにちは。

 もう早くも2月になっちゃったんですが、まだ新年気分が抜けきれなかった頃、夏木陽介さんの訃報が飛び込んできて驚きましたね。
 1月14日、死去。享年81歳でした。
 団塊世代とか、あるいはもう少し下の世代の方々にとっては、夏木陽介さんといえば『青春とはなんだ』の熱血先生役ですよね。ラグビーのジャージがとってもカッコよくって、あんな先生がいたらなぁ~なんて思いながら、皆さんテレビを見てられたんだと思います。
 その夏木さんですが、日活ロマンポルノにも1本主演で出演されています。
 この作品は、こちら。

ジェラシー・ゲーム


 わたしたちの運営しております映画グッズ通販サイト【CINEPO.com】に載せています、この作品『ジェラシー・ゲーム』の解説をちょっと転載してみます。

☆日活創立70周年記念と銘打たれた作品。名匠・東監督を外部から招聘して、関根(現・高橋)惠子主演『ラブレター』の大ヒットに続き製作されたエロ大だ。
北海道の雄大な風景をロケし、30代と20代のカップルのバイクツーリングの最中に起こるお互いの愛の行方を描く。ハーレーダビットソンのバイクが映画の中心になるというのは、明らかにアメリカン・ニューシネマの傑作『イージーライダー』を意識している。
キャスティングは豪華で、一世を風靡した映画『同棲時代』の主題歌を大ヒットさせた、当時のちょいエロ系歌手・大信田礼子に、青春学園ドラマの熱血先生役で抜群の人気を誇った夏木陽介、そしてその頃の若手注目No.1俳優だった村上弘明に高橋ひとみ。彼らで描かれる、微妙な男女の愛のカラッとした関係は、妙に衝撃的だった。

 夏木さん自身は、1982年頃から俳優業を控え出して、プロダクションの社長業と、カーレースのレーサーとして各レースへの参戦を優先しだしたとありますので、この『ジェラシー・ゲーム』あたりが俳優をメインとした活動のターニングポイントだったんですね。

 ほんとうにカッコいい俳優さんでした。
 ロマンポルノのポスターを男優さんを目的に所持するというのも何なんですが、かつての夏木さんのファンの皆様、このポスター1枚いかがですか?
 【CINEPO.com】で好評発売中です。シネポへの入り口はこちら → CLICK

夏木陽介さん、人生のクランクアップ、お疲れ様でした。

井上麻衣さん、どうなさってるんでしょう?

 師走ですね。
 今週は、またうんと冷え込んでくるとか。どうか皆様、体調管理だけはお気を付け下さい。
 こんにちわ。丁稚の定吉です。

 先日、在庫品の整理をしている最中、あるポスターを見て、ハッと気付きました。もちろんこのポスターのことはよく知ってましたし、今まで何度も目にしてるんですが、全然そんなこと思いもしなかったんですよね。
 そのポスターの作品は『宇能鴻一郎の姉妹理容室』。1983年の作品で、監督は中原俊さんで、主演は井上麻衣さんと三崎奈美さん。
 簡単にあらすじを紹介しますと、

あたし、高校卒業後に上京して、姉夫婦が経営する床屋さんで見習い理容師として働き始めたんです。すると美人姉妹の理容室として、凄く流行り出して、姉はご機嫌。そして夜になると毎晩夫に迫ってSEX三昧。バージンのあたしはその声を聞きながら、ひとりエッチ。でも義兄って、あれがあまり強くないらしい。欲求不満になった姉は浮気までする始末。ある日姉夫婦がいないときに、ちょっとステキなお客さんがやって来て、散髪してくれと。あたし見習いなのでと断ったんですけど、その方がどうしてもというものだから、見様見真似でやってみたら、悲惨な髪形に。怒ったその方は身体でお詫びしろと。あたし、いよいよ経験しちゃうんだ…。東京の下町の小さな床屋さんが舞台の、宇能節さく裂のエロコメ作品。山口百恵そっくりで、ロマンポルノ百恵ちゃんと言われた井上麻衣のロストバージン物語。

 という、作品です。
 そうですね、理容室、床屋、散髪屋が舞台なんです。
 そのポスターが、こちら!

宇能鴻一郎の姉妹理容室

 で、このポスターの何に気付いたかというと、タイトルのデザインです。
 縦書きで表記してある「姉妹理容室」という文字の色遣い、お分かりですか?
 そうです! 理容室、床屋、散髪屋の店頭でくるくる回ってる、あの円筒形の看板なんですよね(笑)。
 おそらくあの円筒形のくるくる回る看板は全国共通の、理容室、床屋、散髪屋のシンボルマークでしょうから、 それを見事に取り入れた、作品の舞台を端的に表現した秀逸なデザインと言えるんではないでしょうか。
 もちろん、そんなこと、もうとっくの昔に気付いてたよという方も多いと思いますが、今さらながらそれに気付いたわたしにとっては、ちょっと衝撃的なことでした。いいな~、こういうことに、30年以上も経って驚いてニタニタするなんて…(笑)。

 ということで、井上麻衣さんの裸体と、遊び心の効いたタイトル文字、このポスターはわたしのロマンポルノお気に入りのポスターの1枚に追加されました!
 こいうことがあるから、在庫商品の整理も、楽しいのです。これからも頑張って仕事します!

 なお、こちらのポスターは、【CINEPO.com】で絶賛発売中です。

 それにしても、井上麻衣さんって、今はどうされてるんでしょうかね。お元気なら、嬉しいんですけど。

山本晋也監督のサインだぜ!

 いやいやいや、今年何かしたか? 今年何かやるって、言ってなかったか?
 てな具合で、妙に焦り出してきた、丁稚の定吉です。・・・もう、11月ですよ。もう、2017年も、残り2か月…。
 ひえ~~。

 さてさて、皆様、凄い商品が【CINEPO.com】に入荷しました。
 それは、こちらです!

山本晋也監督直筆サイン入りスチール

 そうなんですよ、山本晋也監督が自作のスチール写真に、直筆でサインをされているものという、超レアな商品が入荷したんですよ!
 なんで監督が、どんな目的でサインされたのかは不明なんですが、ひょっとすると、舞台挨拶か何かをされたときに、当時の日活がファンサービスなどで用意した物の余りものなのかもしれません。
 どちらにしても、現在の山本監督は、過去のご自身の仕事やら交遊をあまり表ざたにしたくないというスタンスを取っておられるようなので、もう二度とこういう物にサインをされることはないと思われます。なので、超が付く貴重品であるのは間違いないです。
 商品は4種類あります。『新未亡人下宿 すぐ入れます』が2種、『セミドキュメント 未亡人下宿』が2種、それぞれ1枚限り。こぼチャンスを逃すと、もう手に入らないんじゃないかと…。
 まさに、早い者勝ちです!

 気になった方は、【CINEPO.com】から、「映画スチール ロマンポルノ・ポルノ映画(特別版)」のページへ!

お得な映画グッズ通販サイト【CINEPO.com】

プロフィール

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード