CINEPO.comスタッフ日記

ご挨拶

皆さん、こんにちわ。【CINEPO.com】のスタッフが綴るページにようこそ!
成人映画というのは、日本独特の発展をし、数多くの名作、監督・俳優を始めとする優秀な人材を送り出してきましたが、やはりHがメインゆえ、どうしても日本映画史の裏面扱いになり、作品そのものや、ポスターなどの関連品も使い捨ての感覚でした。
ぼくたち【CINEPO.com】のスタッフは、そんなグッズたちに精一杯愛情を注ぎ、それらを愛してくださる皆さんへお届けしたいと思っています。
【CINEPO.com】の商品一覧などは本ページをご覧いただくとして、ここでは数名のスタッフたちがそれぞれの視点で、お奨め商品や、あるいは日常のことなどを徒然なるままにご紹介していきたいと思います。
愉快なメンバーたちのけったいな日々、どうぞお楽しみに。
また、お読み下さった皆様からのコメントもお待ちしております。


<PR> ポルノ映画を上映中の映画館は全国各地にあります。
【ポルノ映画館へ行こう!】 http://r18theater.info/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

アンチポルノ

 ちょっと遅くなっちゃったけれど、続いて「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」第4弾。園子温監督の『アンチポルノ』。

 まず、ぼくの個人的な主観をはっきりと書いておきたい。あくまでも、個人的な思考です。それを踏まえたうえで、お読みいただきたい。
 ぼくは常々、なぜ日本人女性の多くが、髪を茶髪にし、美白美容液や化粧品を使いまくり、巨乳であることに憧れるのか、疑問を感じていた。そうまでして白人女性になりたいのか。白人女性は美の目標なのか…。
 日本語の表現に、「緑の黒髪」という女性への最大賛辞の言葉があるように、日本人女性の本来の美しさは、艶やかな黒い髪と、程よい色のついたきめ細かい肌、そしてそんな身体つきに似合ったバランスの良いバスト、それこそが日本人の、いや、もっと広範囲で言うと、アジア女性の最大の魅力なんじゃないかと思っている。何も日本人は、アジア人は、白人になる必要なんてないはずなのだ。あなたたちは、本来の姿が一番美しく、そして魅力的で、セクシーだ。絶対、そうだ。某国総理大臣の言う「美しい日本を取り戻す」というキャッチフレーズは、彼の考えるそっち方面ではなく、ぜひこっち方面で実践してもらえないかと、本気で思う。
 そういう意味で、この『アンチポルノ』という映画を観て、ぼくは筒井真理子さんの、黒々とした、手入れも何もしていないかのような、猛々しい陰毛が見えた瞬間に激しく欲情してしまった。まさに「緑の黒髪」だった。この「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」シリーズ中、最大のエロシーンだ!
 園監督が『アンチポルノ』と題し、ロマンポルノに、いや、日本のエロスの観念に対して、強烈なアンチテーゼを挑んできたこの作品で、まさか日本女性の一番の原点ともうべき姿にこんなに欲情する観客がいるなんて…。監督、思いもされてなかったでしょうね。改めてぼくは、自分の主観が間違っていなかったことを確認できたということか。いやはや、やっぱり映画は凄い。

 しかしながらこの作品を、上映してみようかなと思われる成人映画館があるとするならば、ぼくはやめておいた方がいいですよと、迷わず進言する。ぼく個人は面白く見たし、これもありだとも思う。映画という表現方法の多様さを実感できる作品でもある。でも、「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」というくくりでこれを製作し、上映するにはこれはエゴだ。それは監督のせいではなく、プロデューサーの責だ。ロマンポルノという言葉に魅かれてやって来る映画館のお客さんが、これを喜ぶとはとても思えないのだ。
 「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」ではなく、この作品は、単独で作られるべきだった。園監督自身が言われているように、次回ははっきりと「若松孝二リスペクト」と銘打った作品をお願いしたい。それをぜひ観たい。
 『アンチポルノ』は、タイトルといい、何とも残念なというか、複雑な心境になった作品だった。

                                      フリーライター  宇喜多洋平

ゴールデンウィーク期間の営業について

 まもなくゴールデンウィークがやって来ます。
 今年は最長9日連休という方もいらっしゃるとか。皆さんのご予定はもうお決まりですか?

 いつも【CINEPO.com】をご愛顧いただきまして、まことにありがとうございます。

 さて、【CINEPO.com】のゴールデンウィーク期間の営業のご案内です。

 【CINEPO.com】の営業は、基本的に銀行、郵便局の営業日と同じになります。カレンダーどおりです。
 ですので、4月29日と30日の土曜・日曜、そして5月3日の水曜日から、7日の日曜日まではお休みとなり、この期間中の商品発送は5月1日(月)と2日(火)のみ。休み明けての発送は8日(月)からとなります。
 お休み中の間も、ご注文は24時間無休で受け付けておりますが、銀行及び郵便局がお休みですので、ご入金の確認と発送業務が出来ません。どうかそこのところはご了承いただきますようお願い申し上げます。

 特に3日からの連休中に商品の受け取りをご希望の場合、銀行振り込みを選択されたお客様は、遅くとも2日(火)の午後1時ぐらいまでにご入金をいただける環境でご注文下さい。代引きを選択されたお客様は、2日(火)の午後2時ぐらいまでにご注文下さい。それが連休前の最終発送となります。
 なお、地域によりましては、ご要望に添えないこともございますので、早めにご注文いただきますようお願い申し上げます。

 連休明けは、8日(月)からの発送となりますが、ご注文が重なって発送準備に時間がかかる可能性が高いと思われます。日時指定をご希望の方は、必ず、到着を10日(水)以降でご指定下さい。

 お手数をお掛けいたしますが、上記年内営業の期日だけご注意の上、このゴールデンウィーク期間中もお気軽に、【CINEPO.com】での貴重な映画グッズのショッピングを、どうぞお楽しみ下さい。
 ありがとうございました。

牝猫たち

 続いて「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」第3弾。白石和彌監督の『牝猫たち』。

 風俗で働く女たちというのを、ロマンポルノでは数多く描いてきた。江戸時代の遊女から、バブル突入直前の都会の女まで、時にはもの哀しく、時にはあっけらかんとしたたかに、女たちはスクリーンから、見ている男たちへ何かを訴えかけてきた。秀作も多い。それらには、なぜ女たちはそこにいるのかと問いかけてきていたからだ。白石監督もそこのところを狙われたんだと思う。ある意味、ロマンポルノをリスペクトするには、格好の題材だろう。
 が、である。この『牝猫たち』に登場する、人妻デリヘルに所属する3人の女性たちには、そんな「なぜ」が見えてこないのだ。根本的に、あんなダメダメの男が経営する店に所属し続けるという、女たちの行動そのものに納得がいかない。東京の池袋って、すぐお隣の大塚も含めて、何千という風俗店があるはずなのに、だ…。
 3人の女性たちは、どうしてそこで働くのか。何を得たいのか。そんなことは、見るものは関係ないのか…。

 確かに、現代社会の病んだ現状、例えば、ネットカフェ難民、子供への虐待、引きこもり、セックスレス夫婦などなど、社会問題も多く盛り込まれているが、それはこの作品の上では飾り物にしかなっていないのだ。唯一、感情移入できたのは、妻に先立たれた老人と表面的には夫婦仲が良好な女性との関係だが、最後に至って、老人が生きていても仕方がないので首を絞めてくれまではいいが、その死に直結する悶絶の中老人のペニスがなんと勃起してしまい、そのペニスで彼女が死姦までしちゃうとなると、おいおいなんか違うだろうと思いたくもなる。
 
 新宿や渋谷じゃなく、池袋。東京に詳しくもないぼくでも、監督の意図は分る。スマートに生きられない女たちがいる町、それは池袋なんだろう。だからこそ、「なんでスマートじゃないんだわたしたち!」というのを、もう少し丁寧に描いてほしかった。
 都会では今夜も、「さ、給料が出たぞ! 今夜は女でも買いに行くか!」とか言ってる男たちが大勢いるに違いない。そんな男たちをぎゃふんと言わせてもらいたかった。それもポルノ映画のあり方だと思うのですが。

                                             フリーライター  宇喜多洋平

風に濡れた女

 続いて「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」第2弾。塩田明彦監督・脚本による『風に濡れた女』を見た。

 まず、前回記事の絡みで言うと、タイトルがかつてのロマンポルノらしくっていい。ただ、このタイトルから感じ取れるしっとり感というか、叙情的なものは、まったく本編には繋がらない。ある意味、第1弾の『ジムノベティに乱れる』と真逆になってしまって、それって、いいの? と笑ってしまう。ま、かつてのロマンポルノの中にも、結構タイトルと内容が完全にかい離しているのもあったけど…。

 とにかく登場人物たちのSEXがドライである。70年代じゃないんだから、今どきこんな演劇集団ってないよな~とは思うが、劇団という関わっている人たちがものすごく熱くなる傾向の強い組織にいる人々なのに、な~んかほんとにドライなのだ。そのギャップは面白いはずなんだが、その面白さが伝わってこない。まさに淡々と進んでいく。ヒロインの女の子にしたって、淡々と現れて、淡々と去っていく。その淡々さを監督が面白がっているなら、それはこの映画ではわたしたちには届き切れなかったということか。なんなんだろう、いったいこの無量感は…。

 といったことを思いながら帰宅している途中、ふとあることに気づいた。
 この作品って、塩田監督の芹明香さんへの、あるいは『(秘)色情めす市場』へのリスペクトなんじゃないかって!
 ヒロインを演じた間宮夕貴さんのセリフのリズム、立ち振る舞い、そして物語全体の行動心理に、芹明香さんを感じたのだ。そして、彼女をひょいとうつぶせに肩に担ぎ上げて、カメラに尻を向けながら建物の中に入っていくカットなど、あれって『(秘)色情めす市場』ですよ。
 なるほど、そう見てみれば、あのドライさは妙に納得してしまう。
 あくまでもぼく個人が思ったことで、これについては何の裏付けも真意もないが、もし合っていたとするならば、このプロジェクトに相応しい作品だったのかもしれない。

                                  フリーライター  宇喜多洋平

ジムノペディに乱れる

 【CINEPO.com】のスタッフさんから、「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」について何か書いてくれと言われたので、とりあえず1本目を見た感想を記してみたい。

 大阪では梅田のシネ・リーブル梅田さんで、1月28日から順次封切が始まった。
 トップバッターは、行定勲監督による『ジムノペディに乱れる』。
 正直、行定監督の起用が日活から発表されたときは驚いたが、あまりにもロマンポルノらしくまとめられていたので、さらに驚いた。いや、ロマンポルノらしくというより、成人映画らしくと言うべきか。行定監督はいろいろと成人映画というものをご覧になっていたのだろうか…。

 成人映画らしいというのはどういうことか。それは徹底的に男の視線で、男の都合で、SEXを巡るドラマが描かれる作品が多々あったことだ。
 成人(ピンク)映画なので、主演は女性である。ポスターも主演女優が単体でポーズをとっているのがほとんどだ。俳優のクレジットも、当然女優が優先で、主役、準主役のポジションはすべて女優さんだ。でもってその作品を見ると、最初から最後まで男が主役で、男の視線、都合でストーリーが進んでいく、そんな作品がものすごく多かった。つまり、宣材物と中身がまったく一致していないのだ。きっと現場では、これって完全に男視線ですよね、いいんでしょうかこのままで、といったような会話がきっと何度も交わされたのに違いない。監督も男だ。脚本家も男だ。プロデューサーも男だ。そして見に来る客も、99%男だ。だからそれでいいんじゃない? そういうスタンスで何作も何作も作られてきたのが、ロマンポルノであり、ピンク映画であったということだ。
 で、本作。これまた見事に、男の視線。男の都合で、ストーリーが展開していく。板尾創路演じる、売れない映画監督は、かつて何度も何度も描かれてきた、どうしようもない、女を抱くことでしか自分の存在を証明できないような男だ。そこが、ロマンポルノらしくって驚いたということなのだ。懐かしいって言ってしまえば、貶し言葉になってしまうかもしれないが…。
 でも、やはり、当時と今は時代が違う。こんな男を見て、今の女性たちは共感できるのか?
 ぼくは男だし、ロマンポルノを見たことのある世代なので、懐かしいという言葉もありなのかもしれないが、今の(男性も含めて)観客の皆さんはどう思うのだろう。それが妙に気になって仕方がなかった。
 ただ、作品としては素直に面白いと思った。それははっきりと明記しておかなければならないだろう。特に女優陣の頑張りは、初期のロマンポルノの名女優たちに通じるものを感じた。いい作品にしたいという、意気込みだ。

 最後に、タイトルがいい。見終わってしばらくしてから、あっ、そういう意味なんだと、すべてに納得した。
 でも「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」なんだから、もう少し「らしい」タイトルに出来なかったんだろうかという願望も残る。ロマンポルノって、名タイトルの宝庫だからな~。

                                                フリーライター  宇喜多洋平
 
 

お得な映画グッズ通販サイト【CINEPO.com】

プロフィール

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。